笑顔の女性とパソコン

コンテンツを良質なものにするSEO

外部施策としてはリンク数を増やす、被リンクを自然に得るようにする、というのがあります。
ですが、その一方でサイトを運営する際に行える内部施策というのもあります。
内部施策の方法も豊富にありますが、注目されているのがコンテンツSEOというものです。

コンテンツSEOとは、サイト内に配置するコンテンツそのものにSEOを施して、サイト内の閲覧数や順位を上げようという施策です。
比較的新しい方法なのでWebサイト内でも注目されており、なおかつ内部施策なので自分たちで始められるため魅力を感じているサイトオーナーも少なくありません。

この方法はいくつかあります。
例えば解説記事なら解説を詳しくする、コンテンツに画像を入れて分かりやすくする、コンテンツそのものを個性的にして面白くする、などの方法があるでしょう。
特に、コンテンツとなる内容の見せ方を考えたり、記事の質をアップすることはユーザーを増やすことにつながります。

また、コンテンツSEOはただ記事を量産すればよいというわけでもありません。
その記事の中にどういうキーワードを配置するか、どういう内容にするか、という方針が重要です。
そしてキーワードには共起語といい、特定のキーワードがあれば関連するような言葉が自然と出てくるのが普通です。
このため、どのような共起語を使うかというのもポイントでしょう。
例えば、とある商品のレシピを紹介するなら、共起語は商品名だけではなく食材名や「レシピ」という単語、また一緒に使われる言葉として「簡単」「節約」「アレンジ」などのキーワードを用いた記事を作りましょう。

コンテンツSEOのメリットとしては、内部施策で手軽にできることや、SNSで取り上げてもらいやすいという点があります。
また、対策を積み重ねていくことで、サイトの効果も高くなり、検索順位に良い影響を与える傾向があるのです。
特にバッドテクニックが多いSEO界隈の中でも、ある程度良質な効果を継続的にもたらすとして注目されています。

ですが、その一方でこの方法は即座にSEO効果が出る訳ではありません。
検索順位でも上位に行くためには色々な工夫が必要ですので、Webサイトそのものの充実やユーザビリティなどにも配慮する必要があるのです。
また、量より質という傾向はありますが、やはり量があることは悪い事ではありません。
細かい配慮をした記事を多く作ることも大事なことなので、手間や時間がかかります。