笑顔の女性とパソコン

ドメインのちから、ドメインパワーを上げよう

サイトを作るうえで重要な物のひとつに、ドメインがあります。
これはサイトのURLとして使われる文字列で、個性的な文字列が多々あります。
このドメインの力やサイトの力を評価したものが、ドメインパワーです。

ドメインパワーとは、そのウェブサイトの強さを表す評価の事で、多数のSEO対策を行う人に注目されています。
この評価をするのはGoogleで、いろいろな評価軸のもとで評価されています。

ドメインパワーを評価するポイントのひとつが、そのブログやサイトがどのくらい昔から存在するかというものです。
ドメインは基本的に長ければ長いほど被リンク数も増えますし、ドメインの質もアップするとされています。
このため、ドメインパワーが強いドメインはある程度運営歴のあるドメインであることが多いのです。

次に、そのサイトのアクセス数です。
アクセス数が増えた記事があると、それだけそのドメインの効果が高くなるとされています。
すると上位表示されるようになり、SEO対策ができるようになるでしょう。
この場合、何も大事なキーワードを最初から狙う必要はありません。
検索ボリュームが小さくても評価の高い記事を多く作ることで、ドメインパワーも高くなります。

最後に、被リンク数も大事です。
被リンクはやはりGoogleも重視しているポイントなので、検索結果を上げたいのなら被リンク数を多くすることもポイントでしょう。

とはいえ、これらの対策はすぐに効果が出る訳ではありません。
アクセス数が多い記事でも、内部のキーワードが適切になっていなかったりすると、SEO効果は出にくいでしょう。
特にキーワードの選定が悪かったりすると、検索結果の上昇にはつながらない場合が多いのです。
この場合はキーワードを変えたり、特定のキーワードのコンテンツを増やすなどして、検索結果の上昇を試すのも方法でしょう。

また、若いドメインでブログを始めたような場合は、効率よく成長させるのは難しい場合があります。
というのもドメインパワーがほとんどないので、SEO効果が効きにくい場合があるのです。
この場合は記事の作成や定期的な更新を充実させるなど、サイト内部の施策を積極的に行うのも手でしょう。
もちろん、SNSでの拡散や被リンクを増やすなどの外部SEOが悪いわけではありません。
ただ、検索結果上ではまだ上位に入りにくい傾向がありますので、若いドメインの場合は気長に育てるような気持ちを持ちたいものです。

サイト内検索
人気記事一覧