笑顔の女性とパソコン

内部対策で順位アップもできる、内部対策のポイント

コンテンツSEO以外でも、他にも様々な内部施策があります。
SEOはリンクをただ受ければ対策できるというものではなく、実はサイト内部を整えることで施策ができる場合もあるのです。

ひとつは、見出しを作ることです。
いろいろな記事を作ることは悪い事ではありませんが、途中で適切なタイミングで見出しを作りましょう。
見出しにはそれぞれ強さがあり、そのページそのものの見出しやコンテンツごとの見出し、コンテンツ内の小見出しなどがあります。
また、それらの見出しの中にどのようなテキストを配置するか、という事もSEO対策につながるので、意識的に見出しを作り、また使うキーワードも選定しましょう。

もうひとつは、サイトマップを作成することです。
サイトマップとはサイトの中にどのようなページがあるか、というようなことを案内するもので、閲覧者となる人間向けと、検索エンジン向けがあります。
特に検索エンジン向けのものであれば、HTMLやXMLで製作することがあります。
Wordpressの場合はプラグインでも作成できるので、手軽に簡単に作成しましょう。

サイト内のリンクを充実させることも、SEOにつながります。
特にこれはクローラー向けの方法となるでしょう。
クローラーとは検索エンジンがそれぞれのサイトに向けるプログラムで、サイト内部のコンテンツや内容を理解し、リンク数などを判断して検索結果に反映させます。
この時、サイト内に適切にリンクを配置したり、サイト内の案内としてのリンクをきちんと設定しておいてください。
こういった施策がないと、クローラーのサイト内回遊が発生しにくく、サイト内にどのようなコンテンツがあるのか判断できなくなります。

こういった内部施策はサイト内コンテンツの充実だけではなく、サイト内の使い勝手やサイトの更新情報を定期的に、適切に伝えることにもつながります。
サイト内部のリンクやサイトマップがあると掲載順位も上がり、そこから集客も見込めるでしょう。
SEOを行う人なら特に積極的に行いたい施策ばかりです。

Googleは「サイト内部の施策には様々な評価基準がある」と公表しています。
このすべてに対応することはとても難しいのですが、この程度の施策であればあまり難しくなく行う事が出来るでしょう。
特にサイト内部の施策は自分で気をつければ行えるポイントが多いため、費用が発生するようなことはありません。