笑顔の女性とパソコン

外部からのSEO対策はポイントを押さえて

内部施策はある程度自分でできますが、外部からのリンクもSEOにつながります。
ここでは、いくつかの外部施策のポイントを紹介しましょう。

まず、外部施策はやはり被リンクを得ることが大事です。
このため、基本的にはリンクを発生しやすいようなコンテンツや内容を配置したサイトであることを心がけましょう。
基本的にサイト内部がきちんとできていないまま外部サイトからの被リンクを多く受けても、サイト内のコンテンツの量やユーザビリティーが悪いのであればサイトのファンは増えません。
サイト内回遊が生まれないのでサイト閲覧数を増やす事が出来ず、サイトのコンバージョンにも悪い影響を与えます。

また、被リンクが増えても検索エンジン上で有益性の低いコンテンツが多く見られたり、キーワードの多用などのバッドテクニックが多く用いられているような場合、SEO効果は低くなります。
場合によってはペナルティを受けることもありますので、まずはサイトの内部施策を積極的に行ってから外部施策に取り組んでもいいでしょう。

外部施策は、基本的にリンクを受ける数を増やすことを意味します。
ですが、ただむやみに被リンク数が増えればいいという訳ではありません。
この場合はリンク元のサイトの質やコンテンツの内容、リンクテキストのキーワードなども重視します。
実はリンク元のサイトの信頼性が高ければ高いほど、良質なリンクとして評価されやすいのです。
このため、できるだけ良質なサイトからリンクを得られるように心がけましょう。

逆にやってはいけないのは、有料のリンクを売る有料リンク業者からリンクを貼ってもらうことや、リンクファームなどに登録してリンクを貼ることです。
これらはリンクの不自然な発生となりますし、当然質の低いサイトからのリンクとなるでしょう。
ですので外部対策の中でも比較的悪質なもので、評価も下がる傾向があります。

また、リンクを短期間に大量発生させるのもよくありません。
この場合は不自然なリンクだと判断され、リンクの有益性を下げる傾向があります。
とはいえ一時的に記事の注目度が上がり、拡散されたような状態も考えられるでしょう。
こういったところはリンクをできるだけ長く有益に発生させるように工夫したいところです。

これらはリンクの質を下げ、場合によっては検索エンジン上でペナルティを発生させることになるでしょう。
サイトそのものの質を下げたり、同時にユーザビリティーに悪影響があることもあります。