笑顔の女性とパソコン

Googleの評価基準はいったいどこにあるのか

パソコンを使用している男性

検索エンジンの中でも、もっとも有名なサービスとして、Googleがあります。
そもそも、このGoogleの検索エンジンはいったい何を評価して、サイト内の評価をしているのでしょうか。

実はGoogleは検索エンジンを提供する場合、様々なSEO施策がどのようなものであるかをWeb上で公開しています。
この情報は基本的にGoogleのサイト内で見る事が出来ますし、誰でも触れる事が出来るのです。
動画やテキスト、Google内のブログなどでもコンテンツがありますので、どのような物かチェックするといいでしょう。

Googleが評価している基準として有名な物は、やはり「被リンク数」です。
被リンク数とはいくつリンクを受けているか、というもので、サイトがどのくらいリンクを受けているかによってやはり検索順位は変わってきます。
被リンク数が多いとそれだけでサイトの価値は高いと判断されるのです。

ですが、単純にリンクの数だけを増やせばいいというほど簡単ではないのもまた事実でしょう。
実はリンクの数だけではなく、質もチェックしているようなのです。
例えば、コンテンツ量が多いドメインからのリンクや、信頼できるドメインからのリンク、閲覧数やクリック数が多いサイトからのリンクなど質の高いリンクとされやすいのです。
逆にいえば、ページ数が少ないサイト、開設してまだ間もないサイト、コンテンツが少ないブログなどからのリンクは質が高いとは言えません。

内部施策でいえば、ある程度コンテンツのボリュームやそれぞれのテキスト、記事中にどのようなキーワードを含んでいるか、などがチェックされます。
これはそれぞれのキーワードやテキストがどのようなもので、何について書かれているかを評価します。
また、ボリュームがあることはそのまま評価につながるとされています。
そして適切な見出し設定も大事でしょう。
定期的に必要と判断される頻度で、適切なキーワードでページ内に見出しがあると、それだけで記事の内容を理解しやすくなるとされています。

そのほかにも、実は検索結果ページでのクリック数や閲覧数をチェックしているという噂もあります。
ですが、Googleは自分のSEOについては、300以上の情報を基にして評価を決めていると公表しているのです。
このため、Web上でできる施策は本当に多く、幅広い評価基準を持っているというのが本当の所でしょう。
出来るだけ多くの対策を行うのが一番、という事でもあります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ