笑顔の女性とパソコン

SEO対策にはこういう注意点もある

パソコンを見ている男性

SEO対策は悪い事ではなく、それらを行うことは基本的に今の時代では当然のことでもあります。
サイト運営者やサイトオーナーは様々な形で検索順位をアップさせようとしているのですが、注意点があることも忘れてはなりません。

先ほどのテキストで「ブラックハットSEO」というのと「ホワイトハットSEO」というのがあるという事はお伝えしました。
そちらでも触れましたが、基本的に良い対策と悪い対策があるのです。
悪い対策を取ると検索結果上で悪い影響があるので、まずはそうならないように気をつけましょう。

もう一つの注意点としては、内部対策と外部対策というのがあります。
実はこの両方を行わないと、うまくSEOの効果が出ません。
内部対策は基本的にサイト内の対策で、こちらがうまくないとサイト内の記事がどのような物かを判断できなかったり、サイト内のリンクがなくてサイト内回遊ができない、などのデメリットがあるのです。
一方、外部対策は外部からのリンクを張ってもらうなどの方法で、基本的に外部からある程度信頼を集めるようなコンテンツを作る必要があります。

また、あまりにSEOに力を入れすぎても、サイトやコンテンツが不自然になってしまうことがあります。
これは特定のキーワードを多く使った記事やサイトを作る場合、ユーザーにとって不自然だったり、妙にキーワードの多い不思議なサイトになるのです。
そうなるとアフィリエイトでも成果が出にくくなったり、サービス利用者がサイトやサービスそのものを警戒しかねません。
サイト自体が不自然だと、今度はGoogleの検索エンジンも不自然なサイトとして評価を下げる傾向があります。
こうなるとやはり良い検索結果とはならないでしょう。

最後に、外部からの被リンクを受ける方法の中には、リンクを売ることでSEO効果を上げようとする業者もいるのです。
これをリンクファームといい、リンク数だけで評価していた過去の外部対策では有効でした。
ですが、今の時代は不自然な頻度のリンクや不自然なサイトからのリンクはあまり良質とは言えず、検索エンジンも悪質な場合はペナルティを科すことがあります。

実はこのようなリンクファームからのリンクが悪質なものとして判断された場合、リンクを外してもらう方法があります。
ですが、このリンクを外してもらう事が難しかったり、中には高額な金銭を要求されることがあるのです。
リンクによる施策は確かに効果がありますが、同時にトラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ