笑顔の女性とパソコン

SEO対策には被リンクが大事

微笑む女性とパソコン

基本的なSEO対策の外部施策としては、やはり被リンク数が多ければ多いほどいいでしょう。
とはいえ、むやみにリンクだけ稼いでも意味がありません。
どの様な被リンクが良いのか、3つのポイントを紹介しましょう。

まずはSEO対策としての被リンクです。
一般的にはやはり量が多ければ多いほどサイトの価値は高くなるとされています。
これは単純に数が大きければ大きいほど良いというもので、過去にはこの被リンク数を稼ぐために多くのサイトで様々なリンクを得るための方法がとられていました。
もちろん、これは今でも有効ですが、最近ではただ数を稼げばいいというものでもないようです。

数を稼ぐだけではなく、ポイントとなるのが良質な自然リンクでしょう。
これはまず良質であることがポイントです。
例えばサイト運営歴が長く、ある程度知名度もあるサイトからのリンクは、やはり価値があるとされます。
また、具体的には国の機関や公的機関・政府機関などからのリンクは特に高く評価するようです。
そのほか、企業からのリンクやコンテンツ量が多い情報サイトからのリンクなども、価値があるとされています。

自然リンクというのも、また大事なポイントです。
自然リンクとは、自然発生的に発生したリンクという事です。
というのも、リンクは短期間に一気に増えるものではなく、サイトを運営していれば自然と増えていく傾向があります。
短期間でいきなり数が増えるような被リンクは不自然ですし、そのリンク数が自然と減っていったり維持されるのではなく一定期間でがくんと減るのはやはり不自然でしょう。
同時にリンクされるキーワードも不自然なものではなく、自然なものであることが望ましいのです。

被リンク効果というのもポイントです。
これは被リンクを受けることによる効果で、例えば集客が発生したり、たくさんのサイトからの注目度も高くなります。
外部のサイトからリンクを受けると、Web上での評価も高くなる傾向があります。
また、リンクを貼るという事は何らかの関連性があると判断される場合が多いでしょう。
例えばキーワードに関連があったり、コンテンツの内容で似たところがある、というように判断される可能性がとても高くなるのです。

また、上位のサイトから被リンクを受けるとその記事も自然と上位表示される傾向があります。
Web上では様々なサイトがありますが、その中でも記事の関連性や記事の質などもアップしていると判断される傾向があるのです。